e0086860_18173450.jpg


動かない鳥で有名な「ハシビロコウ」

抜き足、差し足。

ほんと、ゆっくりです。



e0086860_18174443.jpg

何かに気が付きました。

・・・・

・・・・

でも、何もすることもなく




e0086860_18182669.jpg


しばし考えるけど


何もすることもなく



★上野動物園 ハシビロコウ



たまには、こういう日があってもイイんじゃない?

息が詰まっちゃいますよ。


今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
人気ブログランキング

[PR]
# by en_dy | 2017-04-11 07:00 | ハシビロコウを追う! | Comments(7)
e0086860_18163349.jpg

えっ そうなの?

知らなかった!


e0086860_18161364.jpg



水のがぶ飲みは、飼育下ならではの行動なんだそうです。

野生のオオワシなど、多くの猛禽類は、エサから水分を摂取します。



たしかに、高い木の枝に留まったり、飛んでいては、水は飲めませんね。



写真を撮っているときは思いませんでしたが、

後で調べみて少々ビックリしました。そして納得。




★上野動物園 オオワシ


今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
動物園・サファリパークランキング

[PR]
# by en_dy | 2017-04-07 07:00 | 動物たちのキモチ | Comments(4)

ペン刺さる鳥

e0086860_22100015.jpg

ヘビクイワシは、1科1属1種という、どれにも分けられない鳥です。

タカの仲間です。


ダチョウとかと同じように、飛べないかと思っていましたが、飛べるんですね。

かなり足が発達している鳥なので、意外でした。

名前のとおり、蛇をキックで弱らせて捕食したりしています。




頭の後ろにある飾り羽が、羽ペンに見えるので、英名でセクレタリーバード(「書記官」鳥)と呼ばれています。

書記官が羽ペンを持っているというところからですね。

こう見ると、頭に結構ぶっ刺さっています(笑)




上野動物園は、背景が難しいんですよね。
人工物が、どうしても入ってきてしまう。

しかも、ヘビクイワシって、動きが速いっ

かなり狙いを定めないと撮れないんです。
なので、置きピンで、ひたすら待って撮るようにしています。

いつも運任せです。


★上野動物園 ヘビクイワシ




今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
人気ブログランキング

[PR]
# by en_dy | 2017-04-05 07:00 | 動物たちのキモチ | Comments(8)
e0086860_18103470.jpg


全国的には、桜の満開まであと少しってところまで来ましたね。

各地、気温が低かったせいか、開花が遅れているようです。


ただ、東京の都心!

満開になりましたね。


上野恩賜公園の桜ですが、


少々早咲きの、ヨウコウザクラを撮ってきました。


e0086860_18103945.jpg


ピンク色で、とてもカワイイですよね。

上野動物園内にあります。

上野公園が大混雑しているようならば、上野動物園内にある桜を見るのもイイかもしれません。

お子様連れの場合、動物も見れるしね。

e0086860_18104357.jpg

各地、次の週末あたりから、見ごろみたいですね。

楽しみです。





今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
人気ブログランキング

[PR]
# by en_dy | 2017-04-03 06:00 | 風景写真 | Comments(4)
e0086860_22054399.jpg

カワセミって、水がきれいな、山奥とかに住んでいると思っていました。

そうしたら、なんと、都内、しかも23区内に結構いるんですね。

江戸川区にある旧中川の江東新橋付近で、中州にカワセミが営巣できる人工施設があったりします。

調べたら、結構いますね。

堅川とか横十間川とか・・・・


で、今回伺ったのは、東京都葛飾区、水元公園にある「かわせみの里」です。

ここにも、カワセミが営巣できる人工施設があります。


2月末あたりに営巣が確認されたようで、連日、カメラマンがいっぱいいました。


e0086860_21525031.jpg

カワセミって、どんな風に巣をつくるのか?

壁面に穴を掘っていくんですね。その奥に少し広い空間を造って、ヒナを育てます。

巣の中は、とても不衛生だと言われています。

ヒナたちの食べカスとかが、その中にあるからです。

でも、糞は、後方に「ぴゅっ」と飛ばすので、糞による不衛生は発生しづらいそうです。


壁面に巣を造る理由は、ズバリ、天敵の蛇からヒナを守るためです。

なので、ツルツルな壁面であることがベストだそうです。
あと、ひさしが大きく張り出している方が、蛇がつたって来づらいので、良いそうです。

また、かわせみの里では、巣の前に水路を造ったら、猫が寄り付かなくなって、すぐに営巣するようになったそうです。


人工施設の場合、営巣が終わったら、土を入れて穴を塞いでしまうんです。

そうしたら、また穴を掘ってくれるそうです。





e0086860_22061957.jpg

巣の周りの環境につきましては、巣穴の前方には神経質ですが、裏側については、そんなでもないそうです。

状況によっては、人が通ってもOKなようです。


また、止まり木についても聞いてみました。

人工施設の場合、擬木タイプで1本タイプの止まり木を、よく見かけます。

これよりは、横に動ける仕様の方がよいみたいです。

ペアで、エサを受け渡したりするみたいなので。



貴重なお話を聞かせていただきました。
凄い苦労されているんだなぁ。とても伝わってきました。

このような成功例があると、
どんどん、こういった施設が増えてきそうですね。


★上野動物園 カワセミ かわせみの里



今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
人気ブログランキング

[PR]
# by en_dy | 2017-03-27 07:00 | 動物たちのキモチ | Comments(2)

動物達の可愛い瞬間を撮るための奮闘を綴った日記。


by en_dy
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30