銀杏

e0086860_22044358.jpg

におい? きにならん!



★上野動物園 ハシビロコウ


季節外れなお話を。

上野動物園のハシビロコウを撮るとき、気になるのはイチョウの木。

ハシビロコウの放飼場の近くに、いっぱいイチョウの木があります。

秋口になると、いっぱい銀杏の実をつけます。
そうすると、当然ながら道に銀杏の実が落ちます。
そして踏まれます。


そうすると、強烈なにおいが・・・


このにおいをかぐ度に、あーっ、秋だなぁと思います。

たまに、靴にくっついたりしてしまって、
その場を離れているのに・・・ってこともあります。


東京都の木は、イチョウとなっています。
だから、上野動物園に多いのです。

ただ、都の木を決めるとき、イチョウのほかに、ソメイヨシノ、ケヤキがありました。
東京の木選定委員会の委員の大多数は、ケヤキに賛成していたのですが、
都民投票で49%を獲得したイチョウに決まったそうです。

イチョウは2億年前から生息していると言われ、さらに、
第二次世界大戦後、焼け野原になった東京で、一番最初に芽吹いたのが、イチョウと言われています。
保水性があり、火事に強いとかもありますが、

なんか、都の木になる意味が、少しわかったような気がします。



今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
人気ブログランキングへ

[PR]
名前
URL
削除用パスワード
by en_dy | 2017-01-07 06:00 | ハシビロコウを追う! | Comments(0)

動物達の可愛い瞬間を撮るための奮闘を綴った日記。


by en_dy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31