<   2010年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

UZG#22 マレーヤマアラシ

e0086860_21365792.jpg

お昼寝中のマレーヤマアラシ。
上野動物園西園のこども動物園の中で見ることができます。
e0086860_21371523.jpg

寝起き顔。
起こしてしまったようです。
シャッター音気になったかなぁ。
マレーヤマアラシは、夜行性でです。
ごめんねぇ。

そして、マレーヤマアラシ最大の特徴といえば、無数に生える「棘」。
危険を感じると、後ろを向いて棘を敵に向けて振るわせて威嚇音を出し、突進してきます。
棘が刺さると、抜けるようになっています。
そして、すぐに生えてくるそうです。
e0086860_21373224.jpg

起きると、結構活発に動き回るんですね。
ちょこまか、ちょこまか可愛かったです。

人気ブログランキング。クリック応援よろしくお願いしま~す003.gif
[PR]
by en_dy | 2010-05-23 21:46 | 上野動物園動物図鑑 | Comments(4)
e0086860_14162828.jpg

なんだよぉ~

ちょっとガンたれ気味のヤギさん。
上野動物園西園のこども動物園にいます。
直接タッチできます。

ヤギって、野牛が転訛したものだそうです。
ヤギュウ → ヤギュ → ヤギ
なるほど。

それと、ヤギは稲系が大好き。
4つの胃を持ち、麦わらや枯葉も食べてしまいます。
でも、現代の紙はNGだそうです。
昔は植物のみで紙ができていましたが、今は違いますよね。
腸閉塞の原因になるらしい。
e0086860_1416526.jpg

ニワトリって、起源がはっきりしていません。
こんなに人間と長い付き合いなのにねぇ。
野生ですと数十メートルくらい飛べるらしい。

上野動物園では、ヤギたちを毛づくろいしているところとかも見れます。
みんな仲良し!
e0086860_1417913.jpg

こども動物園にはヤギの橋ってのがあります。
ヤギって高いところが好きなので、その身体能力を見てもらうために設置されました。
でも、なかなか渡ってくれず・・・
2月に子ヤギが渡った!というニュースが出るほどでした。
私が行った時も渡ってくれませんでした。
足しげく通えば、見れるかな?
e0086860_14173720.jpg

の~んびり。
見てるこっちが眠くなりそうです。

チャイニーズポットベリーという種類だそうです。
名前の由来は「太鼓腹」。
なんというネーミングを・・・・
このブタは毛が短いので、冬の寒さに弱いんだとか。
なので、冬には、電気ストーブが出動するそうです。
e0086860_14182469.jpg

もしゃもしゃ。

愛くるしいウサギです。
食べてる姿、サイコー!

これらは、野生のアナウサギを家畜化したものです。
アナウサギは、地面に穴を掘るのが得意。
ウサギ広場には、無数の穴がいっぱいあります。
習性なのですね。

人気ブログランキング。クリック応援よろしくお願いしま~す003.gif
[PR]
by en_dy | 2010-05-22 14:45 | 上野動物園動物図鑑 | Comments(0)

UZG#20 クロキツネザル

e0086860_23583324.jpg

ホント、目が大きいですねぇ。
別に、ビックリしているわけではありません。

クロキツネザルです。
上野動物園西園のフォッサの真裏にいます。
マダガスカル島に生息しています。

オスは黒色で、メスは褐色な毛並みです。
生息地では食用とされることもあるとか。

e0086860_23585230.jpg

ここのクロキツネザルは、とても愛嬌たっぷりです。
好奇心旺盛で、ヒトが来ると近づいてきます。
見学者の少ないことが多いので、じっくり観察できる「おススメスポット」のような気がします。

人気ブログランキング。クリック応援よろしくお願いしま~す003.gif
[PR]
by en_dy | 2010-05-20 00:14 | 上野動物園動物図鑑 | Comments(0)

UZG#19 ハクビシン

e0086860_2261277.jpg

額から鼻にかけて白い線が特徴的なハクビシンです。
夜行性で、昼間に行くと巣穴にこもってしまっていて、見ることがほとんどできません。
今回、ちょっとラッキーだったようです?

日本で唯一生息しているジャコウネコ科なのです。
日本では、四国と本州の東に生息しています。
中国からの外来種なのか、日本に昔からいる在来種なのか、はっきりしていません。
なので、外来生物法に基づく特定外来種に指定されていません。

果樹園等での農業被害が多く、鳥獣保護法に基づき、狩猟獣に指定されています。
そのため、実害がないと駆除できません。

日本の妖怪、雷獣の正体は、ハクビシンではないかという説があります。
河童や人魚に比べると知名度は低いですが、江戸時代には非常に知名度の高い妖怪だったそうです。
今は、雷の仕組みとかが解明されていますが、昔は怖かったでしょうねぇ。

人気ブログランキング。クリック応援よろしくお願いしま~す003.gif
[PR]
by en_dy | 2010-05-18 22:20 | 上野動物園動物図鑑 | Comments(0)

UZG#18 口之島牛 見島牛

e0086860_23222681.jpg

口之島牛です。
驚いたのは、日本で唯一の野生牛であること。
改良のための交配を受けていないということです。
貴重ですね。
鹿児島県鹿児島郡十島村、トカラ列島北端の口之島にいます。
体格はとても小さく、オスでも300kg位にしかなりません。
もともと家畜である牛が野生化した例は、世界的にも珍しいとされています。
e0086860_23224885.jpg

1900年からヨーロッパの近代的品種が盛んに輸入され、「和牛」と呼ばれる牛も、ほとんどが、ヨーロッパ近代品種の遺伝的影響を受けています。
e0086860_2323454.jpg

見島牛は、山口県萩市見島で飼育された在来牛です。
日本で、西洋種の影響を受けていない牛は、見島牛と口之島牛の2種だけです。
一時期30頭まで減少しましたが、天然記念物の指定を受け、100頭程度にまで回復しています。
見島牛や口之島牛は、市場に毎年数頭出荷されているようで、幻の和牛とかネーミングされているようです。

人気ブログランキング。クリック応援よろしくお願いしま~す003.gif
[PR]
by en_dy | 2010-05-16 23:39 | 上野動物園動物図鑑 | Comments(2)

UZG#17 アルパカ

e0086860_0152042.jpg

西園のこども動物園にいるアルパカのモコです。
2009年3月末に来園しました。
「ムー」と鳴くのですが、
それは、お願いするときらしいです。現在、飼育員の方も解明中だとか。
あと、白いアルパカ「灯(あかり)」が同居しています。
e0086860_015386.jpg

アルパカは、ラクダの仲間で、ラマとかと同じ。
南アメリカ大陸原産の家畜種で、野生ではほとんど生息していません。
アルパカは、もっぱら、毛を刈るために飼育されています。
水が苦手なので、夏は大変みたいです。
ミストスプリンクラーを設置したりして、四苦八苦しているようです。

アルパカには、威嚇や防衛のために、唾を飛ばす習性があります。
そうえいば、東園にいたラマも同じですね。
唾は、強烈な臭いだそうなので、極力避けたいものです。

人気ブログランキング。クリック応援よろしくお願いしま~す003.gif
[PR]
by en_dy | 2010-05-16 00:35 | 上野動物園動物図鑑 | Comments(0)
e0086860_22514446.jpg

どこいく?


3月12日に産まれたワオキツネザル「フウ」の子供です。
もう名前は決まったのかしら。
最近、顔を見せてくれるようになりました。

人気ブログランキング。クリック応援よろしくお願いしま~す003.gif
[PR]
by en_dy | 2010-05-09 22:58 | 動物たちのキモチ | Comments(2)
e0086860_22572671.jpg

マダガスカルで一番遭遇する確率の高い動物といえば、ブラウンキツネザルです。
日中は、木の上で過ごし、活発に動き回ります。
花、果実、木の実を食べます。
ブラウンキツネザルには、7種の亜種がいるそうです。
見分けるの大変だなぁ。
それにしても、マダガスカルのサルは、サルなのにヒトって感じがしませんね。
進化する前の姿だから仕方ない?
e0086860_22565915.jpg

なんか、よ~っく見ると、とっても変な格好になってました。
なんか変じゃない?
足の位置がおかしい様な・・・・
どうやったら、こんな姿になるんだろう。
e0086860_22571389.jpg

横から見ますと、こ~んな感じ。
2匹で合体していたのね・・・
あー、こんなだったんだぁ。
日本は少々寒いのかしら。

人気ブログランキング。クリック応援よろしくお願いしま~す003.gif
[PR]
by en_dy | 2010-05-08 23:19 | 上野動物園動物図鑑 | Comments(0)
e0086860_7292241.jpg

世界中の動物園や水族館で見られるアシカといえば、カリフォルニアアシカです。
ほかに、ガラパゴスアシカやニホンアシカ(絶滅危惧種で目撃例が非常に少ない)がいます。
ハーレムをつくる事で知られ、繁殖期になると一頭の成熟した雄が何十頭もの雌と交尾します。
前肢が発達しているため、アザラシなどに比べて陸上でも素早く動くことができます。
時速40kmで泳ぐことができ、深く潜水するときには心拍数を下げるため、次の息継ぎまでに10分近く潜っていることができます。
これなら、魚やイカを探すの楽ですね。
ちなみに、鼻は自由に開閉することができます。また、耳たぶがあります。
e0086860_72736100.jpg

飼育下では・・・・子供のアシカは、まず金魚やコイを使って、遊びながら魚を獲ることを学ばせるのだそうです。
でも、魚をエサと理解するまでには長く時間がかかるんだとか。
(2009年6月21日に生まれたオスのチャムは、2010年3月15日、アクアワールド茨城県大洗水族館に旅立っていきました。)
e0086860_7403227.jpg

3月まで同居していたゼニダカアザラシさん。
アシカと違って、耳たぶがない、鰭を左右に振って泳ぎます。
アザラシは時速10kmなので、アシカに比べるとだいぶ遅いですね。
e0086860_751195.jpg

えさの時間は、凄い人だかりになります。
飼育員さんの投げる魚を空中キャッチ!
これは見逃せません。

人気ブログランキング。クリック応援よろしくお願いしま~す003.gif
[PR]
by en_dy | 2010-05-05 08:14 | 上野動物園動物図鑑 | Comments(0)

UZG#14 バーバリーシープ

e0086860_15231218.jpg

上野動物園西園で、ひそかに暮らすバーバリーシープです。
この動物を探すのは、結構大変です。
ヒツジなのですが、上の方にいます。
シマウマの放飼場の背面に崖ができておりまして、そこにいます。
なので、注意しながら奥を見ないと見つかりません。

バーバリーシープは、草食で崖や砂漠に住んでいます。
アフリカ北部に分布しています。
岩登りが得意で、華麗な跳躍を見せてくれます。
立ったまま助走なしで2mも飛べるそうです。
凄い身体能力ですね。
e0086860_1523301.jpg

同居人のシマウマのお尻に、うっとり気味なバーバリーシープさん。
夜行性なので、昼間は、ぼーっとしてることが多いです。

砂漠には食料がないので、好き嫌いはできない・・・
さらに、少ない水や食料を、同じ仲間のヤギやヒツジといった家畜動物奪われています。

ホント、絶滅のピンチにいる動物です。

人気ブログランキング。クリック応援よろしくお願いしま~す003.gif
[PR]
by en_dy | 2010-05-04 16:10 | 上野動物園動物図鑑 | Comments(0)

動物達の可愛い瞬間を撮るための奮闘を綴った日記。


by en_dy
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31