鎧武者

e0086860_14502487.jpg



すごい重厚感



サイは、泥浴びを行う習性があります。
それは、強い日差しから皮膚を守るだけでなく、虫や寄生虫から肌を守るという効果もあります。
例えば、サシバエは、吸血性のハエで、痛みやかゆみを伴います。
動物の糞から発生し、動物たちを悩ませます。
そいった虫から身を守るため、泥浴びは欠かせないものとなっています。

★東山動植物園 サイ


昔の甲冑って30kgくらいあったそうです。

それ着て馬乗ったり、走ったり。

ちなみに、イベントとかで見かける甲冑はアルミ製で、5kgだそうです。

わたしは、それでも生き絶え絶えです。


今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
人気ブログランキング

[PR]
# by en_dy | 2017-10-23 07:00 | 動物たちのキモチ | Comments(0)

お化粧

e0086860_14560755.jpg


ぽふっ


★東山動植物園 ゾウ





今日も記事を読んでいただきありがとうございます。


人気ブログランキング

[PR]
# by en_dy | 2017-10-19 07:00 | 動物たちのキモチ | Comments(2)

夏の終わり

e0086860_14532470.jpg


夏が終わったのう

動物たちの物の見え方、特に色って、かなり違うのはなんとなくわかりますよね。
猿とか、知能の高い動物は人間と同じように見えます。
犬や猫などは、赤が識別できないので、色あせた感じに見えています。
ヘビはサーモグラフィーみたいだし、鳥は紫外線もキャッチするので、人間とは別世界です。
動物たちは、色々。
どんな世界が見えているんでしょうね。


★東山動植物園 カバ


季節の移り変わり目ですね。
急に寒くなってきました。
東京では、ダウンコートを着ている人がいたりします。
そんでもって、どうも、体がついていかず、どっと疲れが出ています。
風をひかないように気を付けなくては。



今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
人気ブログランキング

[PR]
# by en_dy | 2017-10-18 07:00 | 動物たちのキモチ | Comments(0)
e0086860_14555071.jpg


テレビで、ケイジ君が報道され、
フクロテナガザルの周りには、人垣ができていました。
この環境の変化、どう思っているのかな?


★東山動植物園 テナガザル


動物を撮るときに気を付けていることが4つあります。

1つ目は、目に光が入るようにすること。
これによって、写真に命が吹き込まれるような感じになります。
イキイキとした写真になります。

2つ目は、柵や格子の位置。
今回は、わざとですが、格子が入っています。
普段は、入れないようにしています。
これを回避する方法は、まず、動物のいる場所。
柵や金網に近いときは、どうにもなりません。諦めます。
少し離れていてくれたら、望遠を使って手前の柵を消します。

3つ目は背景。
人工構造物をできるだけ、フレームから除きます。
ズームでぼやかすなども検討します。
それでもダメな時は、露出等をいじって背景を暗くするなどして消します。
露出を暗めにすると、動物の黒系毛並みがしっとりして、格好よくなることもあります。
これが思った以上に難しい。
普通に、背景にコンクリートが入ってきたりしますからね。

4つ目は、動物たちの表情。
これは、時の運。
よく観察して、タイミングを狙います。
なので、私は、すぐにカメラを構えません。

こんなことを思いながら、いつも写真を撮ってます。



今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
人気ブログランキング

[PR]
# by en_dy | 2017-10-16 07:00 | 動物たちのキモチ | Comments(2)

もうすぐ21

e0086860_14544341.jpg


イケメンごりら シャバーニ。
まだまだ若い。
1996年10月20日生まれということは、もうすぐ21歳。
野生のゴリラの寿命は30歳から35歳と言われています。
人生の後半戦に差し掛かるとはいえ、じつに若々しい。
昨年のお誕生日会には、600人以上のファンが集まったと記事にありました。
すごい。


★東山動植物園 ゴリラ

小さな勇気のお話。

私は、大勢の人前に出るのがとても苦手でした。
特に、人前でスピーチしたり。
小学校や中学校の運動会で、ダンスしたり、組体操したりするのもそう。
こういうのが、嫌で嫌でしかたありませんでした。

そんな中、社会人になっても、なんだかんだ言って、そういうご縁もなく過ごしてきたのです。
とはいえ、会社の中でも、それなりの身分になってくれば、大勢の人前に出ることもと思ったのですが、奇跡的な回避を続けてきました。

そういっても、いつかは、そういう日が来るもので、
日ごろから、先輩やら周囲の人たちを見て、準備をしていたとは言っても、やはりドキドキ緊張します。

でも、やってみると、大したことないって思うときもあるものなんですね。
思い込みってやつなのでしょうか。
まずは、逃げてないでぶつかってみるって大事だなと思いました。
一回できてしまえば、あとは同じようにやっていけばいいだけで。

今なんて、いかにさりげなく、違和感なく、カンペを堂々とだせるかとか、姑息な手段を考えてたりしています(笑)




今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
人気ブログランキング

[PR]
# by en_dy | 2017-10-15 11:49 | 動物たちのキモチ | Comments(4)

動物達の可愛い瞬間を撮るための奮闘を綴った日記。


by en_dy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30