e0086860_01223135.jpg


上野動物園の西園にいるフラミンゴ。

アフリカや中南米、南ヨーロッパに生息する鳥です。

日本から遠いところに生息している鳥って感じがしますが、

沖縄に飛来してるんですね。ビックリしました。

とういうより、衝撃を受けました。

野鳥ですよ。野鳥!



色が白いのは、食べ物の影響です。



e0086860_01230480.jpg

あと、上野動物園では、フラミンゴ舎をみると、いっぱい、よくわからない鳥がいます。

わんさかいて、フラミンゴのエサを横取りしています。


e0086860_01234241.jpg

ネットの天端の隙間から入ってきてるんですね。

ほどよい大きさの隙間があります。

この中に入ってしまえば、外敵に会う危険がありません。

安全地帯なので、みんな入ってきてるんですね。



今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
人気ブログランキング

[PR]
# by en_dy | 2017-03-15 06:00 | 動物たちのキモチ | Comments(2)
e0086860_01200006.jpg

春が近づいてきているとはいえ、

陽のある時間帯は、まだまだ貴重です。


★上野動物園 カバ

上野動物園のカバを見るなら、開園近くの時間帯がいいですね。

なわばりチェックとかしますので、活発に動き回ります。

また、排泄が水中のため、水のきれいな時間帯となると、開園近くということになります。

なわばりといえば、カバは独特ですよね。

「まきふん」

その名の通り、糞をまき散らすということです。

短いしっぽを巧みに振り回し、壁とかにマーキングしていきます。

なかなか派手にやります。
結構飛びます。

自己防衛とか威嚇のためですから、仕方ありません。

5m位飛ばしてくるという情報もあります。
これを始めたら、確実に距離をとりたいですね。



また、カバは、とても臆病な動物と言われています。

でも、とてもパワーがあります。

ということは、うっかりテリトリーに入ってしまうと、とても危険ということです。

日本では、とても愛されている動物ですが、

海外では人間とのトラブルの多い動物でもあります。

アフリカでは、1年間で2900人もカバによって死者がでているという情報があります。


今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
動物園・サファリパークランキング

[PR]
# by en_dy | 2017-03-13 07:00 | 動物たちのキモチ | Comments(2)

重量オーバー?

e0086860_23435507.jpg

おいおい 天井落っこちてこないだろうなぁ




★上野動物園 ジャイアントパンダ

上野動物園の東園にあるお店。
色々な大きさのパンダがいて、買う人、とても迷ってました。
すごい品ぞろえっ


今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
人気ブログランキング


[PR]
# by en_dy | 2017-03-10 06:00 | 風景写真 | Comments(8)
e0086860_18164013.jpg

水道管が猿山から出ていて、

サルたちの恰好の餌食となっていました。

遊びだしたら止まりません。

ひたすらかじってます。



さて、上野動物園の猿山は、昭和6年に建設され、日本最初の猿山と言われています。

日本の左官職人が根性で仕上げた逸品です。

そういった目で見てみると、とても新鮮です。

昔の人ってすげーな、人力でここまで造っちゃうんだから。



★上野動物園 ニホンザル


かじりつくといえば、

動物園写真ブログ2002年3月21日から始めて、

もう2017年3月21日が見えてきました。

16年目突入目前です。

まだまだかじりつきます。



今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
[PR]
# by en_dy | 2017-03-09 06:00 | 動物たちのキモチ | Comments(0)

My camera 相棒


わたしの相棒をご紹介します。

canon EOS 6Dとcanon EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USMです。

この組み合わせで、ほとんど撮影を行っています。


e0086860_21241950.jpg

主な撮影場所である上野動物園は、ホント、いつも混んでます。

人をかき分けてカメラを向けるってことは、多々あります。

レンズの先には、ハシビロコウが。

左手を見てもらうとわかりますが、凄い人数のギャラリーでしょう。



e0086860_21244190.jpg

こちらは、猿山。

こうやってみると、被写体まで、かなり距離ありますね。
この距離を寄ろうってことですので、当然、レンズは大きく重くなります。


こんな状況ですので、私のこだわりは、「重さ」です。

ここでは、三脚や一脚なんて据えられませんので、手持ち撮影になります。

また、足元に小さな子供たちがいますので、譲ったり、避けたりすることを考えると、結構小回りがきかないと厳しいです。

なので、重さは、全体で2.5kg以内。これが限界と思っています。
これ以上ですと、わたくしの腕の筋肉が持ちそうありません。


e0086860_21241028.jpg

動物たちにもっと、ズームして撮りたい。
でも、レンズが重い・・・

すごい葛藤の中、辿り着いた組み合わせです。


e0086860_21244988.jpg

この重さとズームのバランス。とても気に入っています。


今回、私が撮っている視点から、カメラとレンズを紹介させていただきました。



今回の記事は、usaさんの企画に参加させていただきました。
ありがとうございます。
皆さんのエピソード、それぞれの物語、楽しみです。







今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
動物園・サファリパーク ブログランキングへ

[PR]
# by en_dy | 2017-03-04 00:15 | 自己紹介 | Comments(24)

動物達の可愛い瞬間を撮るための奮闘を綴った日記。


by en_dy
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30