<   2018年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧

e0086860_19335717.jpg

アートアクアリウム 2018 東京日本橋のつづき。

会場内は非常に暗くなっています。
写真を撮る場合は、できる限り明るいレンズを持っていくことをおススメします。

ちなみに私は、f1.8の単焦点28mmと50mmを持っていきました。
それでも、魚が速く動くので大苦戦しました。
暗いですが、レンズ交換ができないほどではありません。

また、スマホで写真撮っている人も多くいました。


e0086860_19340512.jpg

大政奉還金魚大屏風です。
日本の美術史の移り変わりを表現した、プロジェクションマッピングとの融合作です。

e0086860_19331485.jpg

ほかにも金魚がいっぱい!


e0086860_19341797.jpg

さらに進むと、小さな水槽がいっぱいあります。
種類別に金魚が展示されています。
こちらもライトアップの色が変化して、とってもキレイです。

e0086860_19342566.jpg


金魚、きんぎょ、金魚だらけでした。
光との融合で、普段見られないような色使いで、新鮮でした。

e0086860_19343237.jpg


場内は広くはないので、おおむね30分程度あれば、すべて見ることができます。
写真に専念しても1時間程度でしょうか。

最初は暗さとライトアップの色の移り変わりに慣れなくて、思ったように写真を撮ることができませんでした。
慣れですね。

また、魚相手なので素早いです。
アップで撮る場合は、それなりに準備をしていきましょう。

次回は、外。番外編です。


★アートアクアリウム 2018 東京日本橋



今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
動物園・サファリパークランキング

[PR]
by en_dy | 2018-08-31 08:08 | 風景写真 | Comments(0)
e0086860_19325407.jpg

アートアクアリウム 2018 東京日本橋のつづき。

アートアクアリウムといえば、花魁。
今回のは、「超・花魁」といい、これまでの1000匹から3000匹にパワーアップしています。
でかい!
七色にライティングされ、時間とともに色が変わっていきます。
とってもキレイです。


e0086860_19323422.jpg

中の金魚たちもライトアップされて、とってもキレイです。
カワイイです。


e0086860_19324307.jpg

フローティングリウムです。
円筒形の水槽の中を魚たちが泳ぐのですが、
なんか、小宇宙のような異世界な感覚がしました。
これも新作。

e0086860_19330074.jpg

こちらはテマリウム。手毬をイメージしています。
伊賀組紐とのコラボレーションが美しいですね。


e0086860_19332368.jpg

伝統といえば、江戸切子が壁に刺さっていました。
ライトアップの光が反射して、輝いていました。

さらに続きます。


★アートアクアリウム2018 東京日本橋


今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
動物園・サファリパークランキング

[PR]
by en_dy | 2018-08-30 08:08 | 風景写真 | Comments(0)
e0086860_19335126.jpg


アートアクアリウム 2018 東京日本橋。
前々から行ってみたいなぁと思っていたのです。
混雑ぶりに躊躇していたのですが、先日、行列具合を見て行けるんじゃない?って思うようになり、チケットをゲットしました。


e0086860_19344499.jpg


場所は、日本橋。三越前駅から直結です。
三越前駅からくると、外の風景をみることができませんが、
日本橋室町周辺は、金魚柄の提灯が出ていたりして、夏祭りチックなムードがただよっています。
浴衣姿の女性も多かったです。

e0086860_19343802.jpg


さて、建物に入り、4階まで上がります。
わたしが到着したのは10時15分です。
11時開園なのですが、もう長蛇の列が出来ていて30分待ちのプラカードが出ていました。

前売りチケットを持っている人と、持っていない人で行列が分かれます。
当然ですが、前売りチケットを持っている人の方が早く場内に入れます。

e0086860_19322139.jpg

入るとすぐに、煌びやかな天井が。
「天井金魚」です。

e0086860_19322754.jpg

ガラスの水槽を天井につくり、天井を見上げて金魚を鑑賞したという江戸時代の豪商の伝説を蘇らせた作品です。

新作です。

とってもキレイで、入口の時点でワクワク最高潮です。
先が楽しみです。



★アートアクアリウム2018 東京日本橋

今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
動物園・サファリパークランキング

[PR]
by en_dy | 2018-08-29 08:08 | 風景写真 | Comments(2)
e0086860_22234390.jpg

マダガスカル島最大の肉食獣といえば、フォッサ!

日本では上野動物園でしかみられない・・・と思われる。
2010年公開のときは、上野動物園だけだったけど、それ以降公開した情報を聞いたことがないので、今も上野動物園だけじゃないかな?

最大といっても、60~80cm程度で小さい感じがしますが、食物連鎖の頂点になっている存在です。

動きがすばしっこいので、写真におさめるのは少々大変です。


e0086860_22233992.jpg

上野動物園での公開直後は、隣にキツネザルがいて緊張感ある状況でした。
現在は、カメやらカメレオンやらなので、のんびりした環境になっています。




★上野動物園 フォッサ


今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
動物園・サファリパークランキング

[PR]
by en_dy | 2018-08-28 08:08 | 動物たちのキモチ | Comments(0)
e0086860_20420973.jpg

上野動物園の猿山は、昭和7年(1932年)10月完成と、非常に歴史の古いものです。
今や動物園での定番となった猿山の先駆けとなってものです。
完成当時は、サルヶ島と言われていたそうです。
堀に水がはられていたからでしょう。

この猿山は、千葉県の高宕山の岩山がモデルになったそうです。
ちなみに、高宕山のニホンザル棲息地は、天然記念物に指定されています。
高宕山動物園もありますが、周辺に野生の猿がいっぱいいるようです。






e0086860_20421397.jpg

上野動物園がむつ市のサルを強調する理由としてましては、亜種ではない純粋なニホンザルを飼育して種の保存をしようとしているからと思われます。

それと、よく動物園では顔出しパネルを見かけます。
園入口にもあります。
観光地の基本のキですね。

ちょっと控えめな場所にありますので、注意して探してね。




e0086860_19555607.jpg


日本の夏は暑いので、岩陰に隠れているサルが多いです。


e0086860_19555003.jpg


猿山って、独特なにおいがありますよね。
あれは、どうにかならないのかなぁって思うときがあります。
写真撮りの私は、もう気にしないことにしていますが・・・・

地面を土にすると解消するのかしら?
でも掃除が大変そうだし。



e0086860_21123567.jpg

ニホンザルたちも熱中症にならないように?水分補給しながら、暑い夏を過ごしています。



★上野動物園 ニホンザル


今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
動物園・サファリパークランキング

[PR]
by en_dy | 2018-08-27 08:08 | 動物たちのキモチ | Comments(0)
e0086860_19552599.jpg

上野動物園の西園のつづき。
西園には、ハシビロコウやアイアイとかがいますが、
なんといっても、オカピ・キリン・サイは、中心的存在でしょう。
とくに、キリンやサイは、子供たちの人気絶大です。

でも、前々から気になっていたのですが、
屋内に入るのが早いんですよねぇ。




e0086860_19553559.jpg

キリンは、サバンナの大草原にいるイメージが強く、
暑さに強いんじゃないかとおもっていました。

屋内に入られると、近くていいのですが、
暗めで、しかも、窓や金網があって満足に写真が撮れません。



e0086860_19553944.jpg


調べてみると、キリンは、暑いのは大丈夫なのですが、
日本特有の湿度が高いのが苦手なようです。
だから、早めに屋内に入ってしまうんですね。


e0086860_19554564.jpg


サイも。
頑丈な鎧を持っていても、日本の暑さには負けてしまう。




e0086860_19553161.jpg


人見知りといえば、オカピ。
とっても臆病な動物なので、20世紀まで発見されませんでした。
かくれんぼが大得意なんですね。
警戒心が強く、観察は困難と言われています。

日本では、よこはまズーラシアで初めて一般公開され、
わたしも遥々見に行ってきたことを覚えています。


今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
動物園・サファリパークランキング

[PR]
by en_dy | 2018-08-26 12:33 | 動物たちのキモチ | Comments(0)
e0086860_21574837.jpg

上野動物園のレムールの森。クロシロエリマキキツネザルです。

前の記事に引き続き登場です。

凄い形相でお食事中です。



e0086860_21575359.jpg

なんじゃ~! おんどりゃ~!
とか聞こえてきそうです。

ヌシって感じですよね。



e0086860_21575951.jpg


目をカッと開くと、少々怖いです(笑)。

クロシロエリマキキツネザルは、昼間行動しますが、朝方や夕方が活発に動きます。
閉園近くになると、活発になりそうですね。
この写真を撮ったときは、18時くらいでした。

ほとんど樹上で暮らします。
突然発する声が、とっても大きいので注意しましょう。ビックリします。



★上野動物園 エリマキキツネザル


今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
動物園・サファリパークランキング

[PR]
by en_dy | 2018-08-21 21:08 | 動物たちのキモチ | Comments(0)
e0086860_22013113.jpg


上野動物園の西園、レムールの森にいる「クロシロエリマキキツネザル」です。

黒白襟巻キツネザルと書くとわかりやすいですね。

とはいえ、なんという、ふてぶてしい顔でしょうか。びっくりです。

e0086860_22012536.jpg

なにか、因縁をつけてきそうな感じがします。


e0086860_22011634.jpg

キツネザルということで、横から見ると、どことなく狐っぽい顔つきですね。

キツネザルは、原始的な動物で、マダガスカルにしか生息していません。
キツネザルはかつて、アフリカ大陸に生息していものが、流木などに掴まるなどしてマダガスカル周辺に漂着して独自の進化を遂げてきたと言われています。
マダガスカル島には、約60種のキツネザルが生息していると言われていますが、生活環境が破壊され、数を大幅に減らしています。

e0086860_22012107.jpg

上野動物園にいるクロシロキツネザルの家族関係は、父親にとって厳しい状況にようで、
父親がエサを食べようとすると、母親に顔を何度もたたかれることがあるそうです。
肩身が狭いようです。

キツネザルの世界は、メス優位なことが多いそうです。
雄雌で、体格差がでないことも要因のひとつになっています。

★上野動物園 エリマキキツネザル




今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
動物園・サファリパークランキング

[PR]
by en_dy | 2018-08-20 08:08 | 動物たちのキモチ | Comments(2)
e0086860_20430758.jpg

上野動物園の「真夏の夜の動物園」

うっかりしていました。UPしようと思って撮っていた写真が残っていました。

これは夕暮れの不忍池。


e0086860_20430397.jpg

不忍池テラスは、こんな感じ。
奥にモニターがあるのですが、色々上映する予定でした。

e0086860_20425831.jpg


訪問した日は、上映していない日で、見れなくて残念です。


e0086860_20432650.jpg

夜のテラスは、賑わいながらも落ち着いていて、過ごしやすかったです。
明かりもイイ感じですよね。

e0086860_20444054.jpg

スロープ下も席がありました。
すこし池から離れてしまいますが、人ごみから離れるので、静かでイイかもしれません。

e0086860_22281875.jpg

ちなみに、アイアイの混雑っぷりです。

19時の昼夜逆転後、すぐに寝床に入ってしまうので、10分くらいが勝負です。

なので、みんなカメラを構えて狙っています。

かなり高速で動くので、明るいからと言って撮れるとは限りません。
左下に残像が見えるかと思います。これがアイアイです。

難易度高です。


★上野動物園 アイアイ






今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
動物園・サファリパークランキング

[PR]
by en_dy | 2018-08-19 19:30 | 上野動物園(真夏の夜の動物園) | Comments(0)
e0086860_22253356.jpg

上野動物園のシマウマ。
じっくり見ていて、気が付いた。

黒じゃないんだ。

チョコレート色している!

シマウマと言うと、白と黒って刷り込まれていたので、すぐに気が付きませんでした。

で、毛を剃ると、灰色一色になるんだそうです。

白と黒では、太陽熱の吸収率が異なるので、そこから気流が起こり、体温調節をしているという説もあります。
どうして、縞々になった?

さてさて、真相はいかに。


★上野動物園 シマウマ



今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
動物園・サファリパークランキング

[PR]
by en_dy | 2018-08-18 20:45 | 動物たちのキモチ | Comments(0)

動物達の可愛い瞬間を撮るための奮闘を綴った日記。


by en_dy