タグ:カワセミ ( 2 ) タグの人気記事

清流の宝石

e0086860_19144810.jpg


清流の宝石
カワセミの別名です。

仕事で、カワセミの生態を調べる必要があり、
鳥好きさんたちのいる川辺にお邪魔したことがありました。

みなさん、三脚をどっしり据え、長期戦を楽しんでおられました。
動物園とは違って、イレギュラーが起きやすい環境。
ワクワク感が半端ありませんでした。


e0086860_19145421.jpg


カワセミは、土壁に直径5cmくらい、深さ70cmくらいの巣穴を掘り、そこに4~7個の卵を産んで育てます。
上野動物園では、樹脂で造った巣穴があり、狙い通り使ってくれています。


上野動物園などの天敵がいない環境下ではいいですが、
自然界の巣穴は、蛇が入りにくい位置になくてはならず、
普通の穴では、蛇が入ってきてしまいます。
そこで、表面がツルツルしていたり、ひさしみたいに出っ張っているものがあったり・・・
かなり厳しい条件があります。

また、巣穴は糞や残飯が滞在しやすいため、不衛生になりやすく、
同じ巣穴を次回使う可能性が低いということもあります。

そのため、なかなか定着させることが難しいと言われています。

でも、カワセミの人気は凄いです。
定着してほしいなぁ。


★上野動物園 カワセミ



今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
動物園・サファリパークランキング

[PR]
by en_dy | 2018-02-20 07:07 | 動物たちのキモチ | Comments(2)
e0086860_22054399.jpg

カワセミって、水がきれいな、山奥とかに住んでいると思っていました。

そうしたら、なんと、都内、しかも23区内に結構いるんですね。

江戸川区にある旧中川の江東新橋付近で、中州にカワセミが営巣できる人工施設があったりします。

調べたら、結構いますね。

堅川とか横十間川とか・・・・


で、今回伺ったのは、東京都葛飾区、水元公園にある「かわせみの里」です。

ここにも、カワセミが営巣できる人工施設があります。


2月末あたりに営巣が確認されたようで、連日、カメラマンがいっぱいいました。


e0086860_21525031.jpg

カワセミって、どんな風に巣をつくるのか?

壁面に穴を掘っていくんですね。その奥に少し広い空間を造って、ヒナを育てます。

巣の中は、とても不衛生だと言われています。

ヒナたちの食べカスとかが、その中にあるからです。

でも、糞は、後方に「ぴゅっ」と飛ばすので、糞による不衛生は発生しづらいそうです。


壁面に巣を造る理由は、ズバリ、天敵の蛇からヒナを守るためです。

なので、ツルツルな壁面であることがベストだそうです。
あと、ひさしが大きく張り出している方が、蛇がつたって来づらいので、良いそうです。

また、かわせみの里では、巣の前に水路を造ったら、猫が寄り付かなくなって、すぐに営巣するようになったそうです。


人工施設の場合、営巣が終わったら、土を入れて穴を塞いでしまうんです。

そうしたら、また穴を掘ってくれるそうです。





e0086860_22061957.jpg

巣の周りの環境につきましては、巣穴の前方には神経質ですが、裏側については、そんなでもないそうです。

状況によっては、人が通ってもOKなようです。


また、止まり木についても聞いてみました。

人工施設の場合、擬木タイプで1本タイプの止まり木を、よく見かけます。

これよりは、横に動ける仕様の方がよいみたいです。

ペアで、エサを受け渡したりするみたいなので。



貴重なお話を聞かせていただきました。
凄い苦労されているんだなぁ。とても伝わってきました。

このような成功例があると、
どんどん、こういった施設が増えてきそうですね。


★上野動物園 カワセミ かわせみの里



今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
人気ブログランキング

[PR]
by en_dy | 2017-03-27 07:00 | 動物たちのキモチ | Comments(2)

動物達の可愛い瞬間を撮るための奮闘を綴った日記。


by en_dy