人気ブログランキング |

動物園のど! zookiss.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

気軽な感じに動物写真を撮ってます。


by en_dy
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

うまいまずいは塩かげん


e0086860_13001904.jpg



こちらは雪加減。


※うまいまずいは塩かげん
調味料もいろいろあるが、微妙な違いで塩ほど味を左右させる調味料はほかにない。


★上野動物園 サイ


今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
動物園・サファリパークランキング

by en_dy | 2019-02-20 07:07 | 動物たちのキモチ | Comments(0)

怠慢忘身


e0086860_17292019.jpg

サイにとって、とても大切なこと。

e0086860_17283274.jpg

それは、泥浴びです。
ごろ~ん


e0086860_17282649.jpg

泥浴びは、体についた虫などから体を守るとともに、肌の乾燥や紫外線の予防にもなります。
とても大切なことです。


e0086860_17282061.jpg

やるべきことを忘れていないから、健康なんですね。


※怠慢忘身
やるべきことをやらずに、自分自身を磨くことを忘れること

★八木山動物公園 サイ


更新を通知する



今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
動物園・サファリパークランキング

by en_dy | 2019-02-06 07:07 | 動物たちのキモチ | Comments(2)

e0086860_19552599.jpg

上野動物園の西園のつづき。
西園には、ハシビロコウやアイアイとかがいますが、
なんといっても、オカピ・キリン・サイは、中心的存在でしょう。
とくに、キリンやサイは、子供たちの人気絶大です。

でも、前々から気になっていたのですが、
屋内に入るのが早いんですよねぇ。




e0086860_19553559.jpg

キリンは、サバンナの大草原にいるイメージが強く、
暑さに強いんじゃないかとおもっていました。

屋内に入られると、近くていいのですが、
暗めで、しかも、窓や金網があって満足に写真が撮れません。



e0086860_19553944.jpg


調べてみると、キリンは、暑いのは大丈夫なのですが、
日本特有の湿度が高いのが苦手なようです。
だから、早めに屋内に入ってしまうんですね。


e0086860_19554564.jpg


サイも。
頑丈な鎧を持っていても、日本の暑さには負けてしまう。




e0086860_19553161.jpg


人見知りといえば、オカピ。
とっても臆病な動物なので、20世紀まで発見されませんでした。
かくれんぼが大得意なんですね。
警戒心が強く、観察は困難と言われています。

日本では、よこはまズーラシアで初めて一般公開され、
わたしも遥々見に行ってきたことを覚えています。


今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
動物園・サファリパークランキング

by en_dy | 2018-08-26 12:33 | 動物たちのキモチ | Comments(0)

お昼寝中


e0086860_17450068.jpg

いい陽気ですねぇ。


★上野動物園 サイ

この季節は、開園間際を狙っていかないと、お昼寝に入ってしまう動物が多いです。
こちらのサイも11時でしたが、お昼寝に入っていました。
ちょうど朝ごはん食べ終わって運動した後ですからね。
動物園に行くなら早めがおすすめです。



今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
動物園・サファリパークランキング

by en_dy | 2018-05-31 07:07 | 動物たちのキモチ | Comments(0)

e0086860_21552225.jpg

人生、壁にぶち当たることはあります。

「神さまは、乗り越えられる試練しか与えない。」

わたしは、この言葉をある人からいただきました。
今も、胸に刻みながら過ごしています。

今の自分の力でできるのか?
成長すればできるのか?
できないなら、どうやって周りを動かすのか?
どうしたら動いてくれるのか?

ま、そんな感じに諦めないようにしています。


★上野動物園 サイ



今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
動物園・サファリパークランキング

by en_dy | 2018-04-29 07:07 | 動物たちのキモチ | Comments(2)

霊獣サイ


e0086860_16523400.jpg

神秘的な登場・・・・



★東山動植物園 サイ


江戸時代あたりでは、サイは未知の動物であり、霊獣「水犀」とされていました。
日光東照宮などの彫刻で見ることができます。
牛の四肢と馬の体、背中にカメの甲羅といういでたちでした。
鼻のところに角が生えていて、水を浄化したり・・・といった能力を持っていたようです。


ハクビシンも雷獣でしたね。
キリンやバクも有名ですが、
探せば、まだまだ出てきそうです。




今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
動物園・サファリパークランキング

by en_dy | 2018-01-19 07:07 | 動物たちのキモチ | Comments(0)

恐竜登場


e0086860_16410233.jpg


こうやってみると、サイって、ホント恐竜だなって思うときがあります。
格好いいです。



★東山動植物園 サイ


サイの皮膚は、動物の中で最硬と言われています。
肉食獣の爪や牙を容易に通しません。

それよりも知らなかったのですが、
夜行性または薄明薄暮性なんですね。
よく昼間、ぐでぇ~ってしていることが多いのは、敵がいないので怠けているのかと思っていました。
そもそも、夜が活動のメインだったんですねぇ。



今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
動物園・サファリパークランキング

by en_dy | 2018-01-17 07:07 | 動物たちのキモチ | Comments(2)

鎧武者


e0086860_14502487.jpg



すごい重厚感



サイは、泥浴びを行う習性があります。
それは、強い日差しから皮膚を守るだけでなく、虫や寄生虫から肌を守るという効果もあります。
例えば、サシバエは、吸血性のハエで、痛みやかゆみを伴います。
動物の糞から発生し、動物たちを悩ませます。
そいった虫から身を守るため、泥浴びは欠かせないものとなっています。

★東山動植物園 サイ


昔の甲冑って30kgくらいあったそうです。

それ着て馬乗ったり、走ったり。

ちなみに、イベントとかで見かける甲冑はアルミ製で、5kgだそうです。

わたしは、それでも生き絶え絶えです。


今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
人気ブログランキング

by en_dy | 2017-10-23 07:00 | 動物たちのキモチ | Comments(0)

ぐーたら×2


by en_dy | 2017-10-11 07:07 | 動物たちのキモチ | Comments(2)

縦と横


e0086860_17221402.jpg
たて


e0086860_17220307.jpg
よこ


★八木山動物公園 シロサイ クロサイ


泥遊び後のサイたち。
とくに、縦ラインのシロサイは、どうしてこうなったのか。
すごい気になります。


サイは、泥遊びを頻繁にするため、その土地によって体の色が異なるそうです。
泥浴びすることで、体温調節したり、防虫&日焼け止めになるとか。


今日も記事を読んでいただきありがとうございます。
人気ブログランキングへ

by en_dy | 2016-11-27 11:00 | 動物たちのキモチ | Comments(2)